デッドスペースを活かす収納

  • 2015.12.07 Monday
  • 09:35
住まいの中で、どうしてここにこんな空間があるんだろう。
という事ありませんか?

今回は、マンション。
躯体の柱と壁の間に、中途半端な空間が。

今回、リフォームプランニングのみ関わらせていただき、
この中途半端な空間に、電話台をご提案。


大建のミセル。プレミアグレードのルミホワイト
プレミアグレードは鏡面仕上げです。
高級感が出ますね!(^^)!

コーニス照明をプラスして、手元も明るく実用的であり
壁に反射した光が柔らかい。

なんとなく中途半端な空間。後で適当な収納を探そう。
と思っても、なかなかジャストフィットなものを探すのって
大変です。
なので、初めからシステム収納を検討されることをお勧めします。

建物だけを見るのではなくて、その空間で
住まう人がどう動き、どう生活するのか。
そんなことを考えながら、プランを考えています。




収納と住まいを考えるLineのHP
http://line-lifestyle.com/

♪ランキングに参加しています。クリックお願い致します♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
 
コメント
さすがです!!

照明もセットで提案されているのが、またいい!

デッドスペースが一番お気に入りの空間になったのでは・・・
けいこさん

ありがと〜(*^^)v
ホント、とっても喜んで頂けたようで、
こちらも嬉しくなっちゃいます!

コメントありがとう(^O^)/
  • たかはし きょうこ
  • 2015/12/08 5:44 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ランキング

.

.

Houzzにて、事例掲載中!

Houzzに登録中の印旛郡酒々井町, 千葉県, JPの高橋恭子

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM